ポポーのハート7照準

 

ポポーのハート7 照準

 

 

ちょうどその頃、惑星の遥か上空では、光の海の粒子に削られメタリッ

 

ク色に輝くレッドの船から、最後の焼夷隕石が発射されたところだった。

 

レッドには、それ以上の焼夷隕石の発射は必要なかった。何故ならば、

 

焼きつくされずにすんだ森を残す事により、それをめぐって必ず争いが

 

起こり、憎しみ合い、やがては滅びてゆくのである。レッドにとっては、

 

それが何よりの楽しみなのである。レッドは、船の操縦席から、その燃え

 

上がる炎を操縦席の前に浮かび上がるホログラフィーで眺めていた。

 

 

ホログラフィーに映る炎は激しく、その先端はまるで生き物のように揺らい

 

でいた。レッドは、笑みを浮かべながら手に持つ飲み物を口に運んだ。飲

 

み物の表面にもホログラフィーに映る炎が映り込み激しく燃えていた。し

 

かし、微かに飲み物の表面が波だった様に見えた。それと同時に、レッド

 

の船が激しく揺れた! ・・・・