ポポーのハート

ポポーのハート6 焚火の前の二人

 

 

レッドの船から発射された赤く光る星の破片は、 その惑星の一つだけ

 

残る大陸めがけて、容赦なく次々と落ちて行った。すでに焼きつくされ、

 

飢餓と憎しみと争いによって破壊されたもう一つの大陸のように、残さ

 

れた大陸が焼きつくされ破壊つくされるのも、そお遠い話ではなかった。

 

 

 

 

 暗闇の中に、焚火の明かりが揺らめいてヒューとアイの顔を照らしてい

 

た。ヒューは、焼き上がった肉を半分に引きちぎるとアイに渡した。二

 

人とも、これが三日ぶりの食べ物だった。ヒューは、アイが肉を頬張る

 

のをじっと見つめていた。

 


 ヒューが見つめるアイの顔はだいぶやつれて見えた。ヒューは、あの虹

 

色に輝く男の事を考えていた。顔は鳥のように白い羽根で覆われ、体は

 

虹色に輝く布で包まれた不思議なあの男の事を。赤目の男が森の中へ姿を

 

消すと、あの男も何処かへ姿を消していた・・・・。

 


 ヒューには、わからなかった。考えても、考えても、何も分からなかっ

 

た。今までにこんな事は一度もなかったのだ。たとえ山火事があったと

 

しても、森が焼きつくされるようなことは今までに無かったのだ。しかし、

 

もう幾つもの森が焼きつくされ人々は苦しめられ、いたるところで争いが

 

起こっている。それに、今度はあの男だ・・・・。その時、肉を食べ終え

 

たアイが心配そうにヒューにいった。「ヒュー、どうして食べないの・・

 

・・」ヒューは、足元に置かれた肉をもう半分に引きちぎるとアイに渡し

 

ていった。「俺は、これだけでいい。それは、アイが食べろ。腹の中の子

 

供の分だ」と言った。それから、ヒューは立ち上がるとアイの足元に咲い

 

ていた小さな花を摘むとアイの髪に挿してやった。