ポポーのハート5

 

ポポーのハート5 ポポー現る

 

 

 

遥か彼方から、一本の青い矢が放たれた。矢は藪を貫き、森の木々を

 

貫き飛んできた。そして、赤目の男の背中から心臓に矢は一直線に

 

突き刺さった。 赤目の男は「ウッ!」っと小さく呻くとその場に

 

鈍い音とともに倒れ込ん だ。

 

 

ヒューが、呻きながらふらふらと立ちあがると、アイが心配そう

 

に駆け寄ってきた。ヒューとアイは仕留めた獲物の事も忘れてしばら

 

くその場に立ち尽くしていた。その時、藪の中から物音がした。ヒュ

 

ーとアイは音のした方に素早く振り返ると身構えた。

  

 

  ヒューが剣を構えて身構えていると、藪の中から声が聞こえた。いや、

 

ヒューには声が聞こえたように思えたのだが、実際には、それはテレ

 

パシーのようなものであった。ヒューの脳内でその声は、こお言って

 

いた。

 

 

 「心配するな。」それと同時に、藪の中から弓を携えたポポーが現れた。

 

しかしそれは、ヒューたちの想像を遥かに超えた生物であったため。ヒ

 

ューたちは、ポポーの姿を見て畏れを抱いた。「心配するな!私は味方

 

だ。」また、ヒューたちの頭の中にポポーの声が響いた。

 


 確かに、ポポーの澄んだ瞳は、ヒューたちにある種の安心感を与えてい

 

た。二人に近づいていったポポーは、ヒューの傷ついた肩を指先で軽く

 

なでた。すると、驚いたことに流れていた血は消え、開いていた傷口は

 

閉じ、ヒューの傷はあっという間にか消えていた。

 

 

驚き、あっけに取られているヒューに、ポポーは

 

片目をつぶって見せた。その時、ポポーた

 

ちの後ろに横たわる赤目の背中に刺さった青い矢もスーッと消えていっ

 

た。それと同時に、赤目の手がかすかに動いたように見えた。いや、確

 

かに赤目の体は動いていた、赤目は死んではいなかったのだ。

 

のっそりと立ちあがった赤目は、ポポーたちの方に顔を向けた。

 

赤目の顔や体を覆っていた、赤黒い瘡蓋は綺麗に消え去っていた。

 

その顔からは、まるで別人のように殺気が消え去り穏やかな

 

顔つきになっていた。