ポポーのハート4 

ポポーのハート4 赤目の男

 

 

 ヒューと、その男は、矢の刺さったウサギを真中にして対峙してい

 

た。ヒューの、前にいるその男は、ヒューよりも一回りほど大きく

 

逞しい体をしていたが、体のあちこちには無数の傷がありその上を

 

どす黒い瘡蓋が覆っていた。その男の目は真っ赤に充血しギラギラ

 

と怪しい光を放つてヒューを睨みつけていた。

 


 ヒューはアイに自分のそばから離れるように目配せをするとヒュ

 

ー自身も腰の剣を抜いた。その赤目の男は地の底に響くような声で

 

言った。「獲物はおれが貰う!」ヒューは、無言で身がまえた。

 

二人の間を、つむじ風が枯葉を舞いあげながら突っ切っていった。 

 

 

 

だんだんと強くなった風が、森の木々の間を音を立てながら吹きぬけ

 

て行く。「うせろ!俺の目の前からうせろ!」赤目の男が唸るように

 

言った。赤目の男とヒューとの間合いは徐々に近づいていった。


 

赤目の男が、一歩踏み出すのと同時にヒューに向かって剣を振り下

 

ろした。ヒューはその切っ先を体をスゥエーして避けたが、ヒューの

 

左耳は二つに裂けていた。


 

ヒューは体の向きを変えると、赤目の男めがけて剣を振り下ろした。

 

しかし、赤目の男もそれを剣で防いだので二人の剣と剣が激しくぶつ

 

かり合い凄まじい火花が散った。それからは二人の息詰まる切り合い

 

が果てしなく続いていった。


 

しかし、ヒューが赤目の男の後ろに回り込もうとしたすきに、赤目

 

の男がヒューの脇腹に猛烈なタックルをぶちかまし二人は激しくもみ

 

合いとなった。しかし、体力的に勝る赤目の男にヒューは仰向けに倒

 

されてしまった。ヒューの上に馬乗りになった男は獲物を仕留めた獣

 

のように薄笑いを浮かべていた。ナイフを取り出した男は、それで止

 

めを刺そうとした。

 


 

しかし、ヒューが最後の力を振り絞って激しく抵抗したためにナイ

 

フはヒューの肩先をかすめて地面を突き刺した。そのすきにヒューは

 

手の先に触った木の枝で赤目の男の顔を突いた。木の枝は赤目の男の

 

頬からこめかみにかけてざっくりと切り裂いた。「ギヤッー」っ

 

と赤目の男は悲鳴を上げながら後ろにのけぞった。男の頬からは血が

 

激しく流れ落ちていた。赤目の男の中に猛烈な怒りが込み上げてきた。

 

ヒューの心臓めがけて赤目の男が、ナイフを振り下ろそうとしたその

 

瞬間。