ポポーのハート3

 

ポポーのハート3 ヒューとアイ

   

 

 


   夜の丘の上に、二人の人影があった。丘の周りには深い森が

 

続いてい たが、その遥か先では夜の空を突き刺すように炎が燃え

 

上がってい た。ヒューの隣でアイが言った。「もうじき、此処も炎で

 

覆い尽くされてしまう・・・」 ヒューは、その逞しい腕に弓を握ると

 

矢をつがえてヒューっと風音とともに空へ向かって弓を射った。

 

ヒューは、空を見上げながら心の中で叫んだ。

 

「何故だ。何故、我々はこんなにも苦しまねばならないのだ・・・・」

 

その時、 となりでアイが甲高い声を上げた。「ほらみて、あそこに!」

 

 

  アイの指さす方向には、ヒューの放った矢の風切音に驚いたのか、

 

一羽のウサギが藪の中ら飛び出してきていた。ヒューは素早く矢を

 

つがえると逃げるウサギの鼻先目掛けて矢を放った。ヒュッ、と音

 

ともに矢は見事にウサギに命中した。