ポポーのハート2

 

「ポポーのハート2」 焼かれる大陸

 

 

 レッドの船は、その惑星の上空にいた。操縦席のレッドは、空中

 

に映し出されるその大陸を眺めながら何かを思念しているように

 

も見えたし、冷徹な笑みを浮かべているようにも見えた。

 

 しかし、その間にも、船はいつものように惑星の大陸をめがけ

 

てコバルトブルーの大気の中を降りて行った。


 

その惑星には、つい最近まで二つの大陸があった。その各々には、

 

それぞれ異なった種族たちが住んでおり原始的ではあるが穏やかに

 

暮らしていた。

 

しかし、それもこの惑星にレッドが現れるまでの話であった。

 

すでにレッドは、この惑星に存在する大陸の一つを焼き払い破壊し

 

つくしていたのである。残るもう一つの大陸も、今はもうほとん

 

どが恐ろしい火炎で覆われていたのである。